風俗に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

  1. トップページ
  2. >
  3. 稼げるコラム
  4. >
  5. 春だけじゃない、風俗嬢を悩ませる花粉症の対策法

春だけじゃない、風俗嬢を悩ませる花粉症の対策法

春だけじゃない、風俗嬢を悩ませる花粉症の対策法

稼げるコラム2017/04/03 19:01

マスク

春先のスギ花粉アレルギー攻撃に連日クシャミ・鼻水が止まらず、辟易している風俗嬢も多いのではないでしょうか。風俗嬢のお仕事にとっても、花粉症の症状は非常にやっかいなものです。フェラをしている間に鼻がムズムズしてハクション、なんて大きなクシャミを連発したり、鼻をズルズル啜り上げたりかんだりしていたら、せっかくガチガチに勃起していたお客さんのアソコもゲンナリ…ということになりかねません。
しかし、こればかりはどうしようもありません。花粉症が過ぎ去るまで、長期間でお休みをもらっていては生活していけませんので、なんとか乗り越えるしかありません。

薬を飲むと眠くなってしまってサービスに支障が出てしまう

風俗嬢の中には、体質的に花粉症の薬を飲むと強い眠気に襲われてしまい、お客さんにサービスをしている最中にも眠くて仕方がなくなってしまい、仕事に支障がでてしまう、という人もいるようです。傾向として、良く効く花粉症の薬を飲めば飲むほど副作用として強い眠気に襲われてしまう、という場合が多いようで、眠くなりにくい花粉症の薬を飲んでもあまり効果を感じられない、という場合も。
眠くなりがちだけど効果の強い薬を飲んで眠気を堪えるか、効果は弱いけど眠くなりにくい薬で我慢するか…という究極の選択です。

花粉症は春だけの問題ではない

花粉症というと、真っ先に名前が挙がってくるのが「スギ花粉」ですが、実は花粉症はスギの花粉のみで起きる症状ではありません。
スギ以外にも、ブタクサやイネ、セイタカアワダチソウなど、冬以外の春から秋の終わりにかけて、年中様々な花粉が飛んでいます。
花粉症の季節というと、どうしても春先のスギ花粉の季節ばかり連想してしまいがちですが、花粉の季節でもないはずなのにクシャミや鼻水といった花粉症的な症状がとまらない…という場合には、スギ以外の花粉症を疑ってみたほうが良いかもしれません。
花粉症を持っている風俗嬢の中には、スギ花粉だけではなく他の花粉症と併発している場合もありますので、怪しいと思ったら病院へ行ってアレルギーパッチテストをしてもらうことをオススメします。
アレルギーパッチテストは、耳鼻科や内科等で行ってもらえます。

体質を改善して花粉症対策する

長期的に継続できる自信があるのであれば、食生活やライフスタイルを見直し、体質を改善して花粉症対策をする、という手段もあります。
例えば、腸内環境が整っている人は花粉症の症状が軽くなる、という話もあります。
フィンランドで発表された研究結果によれば、アレルギー症状を持っている子どもは、腸内の乳酸菌、ビフィズス菌の数が少ない、ということですし、日本人対象の研究の中でも、アトピー性皮膚炎を持つ人の腸内にはビフィズス菌が少ない、花粉症の人の腸内でもビフィズス菌の割合が低くなっている…等の事実が発表されています。
腸内環境を整えるには、ヨーグルトや納豆、みそ、ぬか漬け、キムチ等の発酵食品を摂取するように心掛けると良い、と言われています。特にヨーグルトは、毎日50g以上摂取し続けるようにすると良いそうです。ヨーグルトであれば、コンビニでもスーパーでも気軽に買えるし食べやすいですから、面倒くさがりな風俗嬢でも継続できそうですね。
上記でも述べたとおり、花粉症の症状が出る花粉はスギ花粉だけではない上に、花粉症とはそれまで平気でもある日突然発症することもある恐ろしい症状です。
そのため常日頃から体内環境・腸内環境を整えておくことは、より快適に症状を減らして過ごすためには非常に重要なことと言えるでしょう。
ヨーグルトを食べる程度でしたら誰でも苦労なく行えますので、ぜひ取り入れたい習慣の一つです。

一覧に戻る>

風俗に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

風俗に関する疑問や悩みをお聞かせ下さい。

※マークは入力必須です
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
生年月日
お問い合わせ詳細

トップへ戻る